10/12〜13日     くもり⇒
            秋の1泊ツーリング
福井県 三方五湖 

               * 画像はクリックすると大きく表示されます

10月12日 予報は雨。。。

 店を午前9時に出発。
前日の予報で雨を覚悟していたが、予想に反しての天気にみな大喜び。 出発からカッパでは走る気になれないよね。恵比寿町ICから阪神高速・豊中IC経由で名神高速へ。ここからは各自単独で走行。桂川PAで山見さん、中園くんと待ち合わせ。

 ここでアクシデント発生!佐藤さんのFZ400のリヤタイヤがパンクしているのを発見。車載のタイヤーパンドー(バンク修理剤入りボンベ)で応急修理。これがまた、使用期限が平成12年で切れている(新車納車時にきっと役に立つからとサービスした代物、佐藤さんは大事にもっていた)。 大丈夫かいなーと入れてみるとこれがバッチリOK。しかしまだ充分とはいえないようだ。これまた立花さんが持っていた(何年か前の店の忘年会の景品の)パンク修理セットのガスボンベ2本を注入。やっとOK。走行中でなくて良かった!やはりタイヤは早い目に交換しましょう。中川モータスで!!

混雑する京都東の出口では停滞中の車の横をスイスイ。ゴメンナサイm(__)mバイパスより湖西道路の真野ICまで快適、すっ飛び。山地くんバシューンと飛び出していったが、パトカー大丈夫かなー?

 R367より朽木村へ。随分道がよくなったものだ。
(昔、中川モータースの春のツーリングは、湖西より安曇川−朽木村−三千院−京都が定番だった)

 途中、反対斜線でバイクが転倒しているではないか、山地君が駆け寄るがたいしたことはない様子。左側コーナー側溝には前後とも脱輪した四輪車が。どちらかがコーナーで膨らんだものでしょう。アブナイアブナイ気を付けて行こぉー。近頃めっきり少なくなったとはいえ、秋はやはりバイクシーズン。行き交うバイクの多いこと。ピース、ピースのサイン、サインに少しうれしくなる。

 少し雨がパラツイテきたのでドキッ、もしや?と思ったが、はらって落ちるほどの雨で、ラッキーなことに朽木村の手前ではすっかり青空に。道の駅にバイクを止めて、道の反対側の食堂で昼食(なんとまー義に反することを!)

R303の三宅からR27へ。まだ時間が早いので、金山交差点を左折して先にレインボーラインを走ることに。

  眺めは最高!天気も上々で海がキラキラ光っている。途中第一展望台は満員で車が長蛇の列。

  すいている展望台で記念写真。山見さんはソフトクリーム売り場がないのを嘆いていた。

 

 そのまま直行で2時半には今日の宿「湖上館パムコ」に到着。チェックイン時間にはまだ早いが、無理を言ってバイクを駐車場に停めさせてもらい、荷物を預けて、冷えたビールを各自買い込み、すぐ横の船着場から湖上遊覧船に乗ることに。風は気持ちいいし天気は快晴、ピールはうまいし、うれしいのはホットコーヒーのサービス、最高!

「パムコ」がやってるカヌー教室のカャックの一団とすれ違う。湖上をすべるように進む一団、案外スピードが出ている。今度は、是非チャレンジしてみよう。かな?早い目の風呂に入り、ガラス張りの食堂へ。夕暮れの湖周辺は夕日からいつしか真っ暗になっていた。料理はお魚メインのイタリアン風創作料理。これはウマイ!この宿で醸造しているという地ビールも味わってみた。みなビミョーな反応。(私は、やっぱりアサヒがいいなー)ワイワイガヤガヤいつものようにバイク談義に花が咲き、部屋で二次会する予定がみな酔いつぶれて、ガーガーピーピー。

10/13

朝、目が覚めると外は嵐。
雨は土砂降りで、台風のような横なぐりの風がビュービューと、リッターバイクをゆらゆら揺らしている。少し出発時間を遅らせて様子をみたが、日ごろの行いが悪いのか、天候回復せず。意を決して出発。

 名田庄方面へ行く予定を、安全を優先して小浜西から若狭舞鶴道で帰ることに。綾部付近で天候は回復したがそのまま中国池田、阪神高速と経由して全員無事に2時頃には中川モータース前に到着。

ご苦労さまでした。
二日目はあいにくの雨でしたが一日目の快走と無事がなによりのツーリングでした。

次回は11月23-24日の十津川、温泉地温泉です。



 

レポート:オッサン