5/3〜5日     はれ
           
  GW 広島ツーリングレポート 

               * 画像はクリックすると大きく表示されます

2005/5/3〜5/5 参加者 9名

日 快晴 朝7時過ぎ、中川、中川、立花さん、上田さん、山戸さん、太田さんの6台で出発。

恵美須町から阪神高速に乗る。すでに渋滞ぎみ。池田から中国道へ。中国道も車がぎっしり渋滞中。とにかく十時さん、山見さん、古川さんと待ち合わせの名塩SAへ急ぐ。8時すこし過ぎに合流。名塩SAもたくさんの車とバイクであふれていた。

神戸JCTから山陽道へ。大きな渋滞はなく、ところどころ車の流れは止まっていたが、バイクの利点を生かしスイスイと抜ける。龍野西SAで小休止。次は吉備SAで。福山SAで燃料補給。一路、尾道ICへ(11時30分頃)・・・県道55号経由で三原市内へ。

三原港フェリー乗り場で、女子プロレスラーのような清原嬢と待ち合わせ、無理矢理1泊に同行させることに。そして立花氏のフォルツァ250の後ろへ鎮座。立花さんギャルを乗せたとたんに、後も見ずにサカリがついたような走り。 どんどん引き離され「おっさんどこ行くねーん?」 やっと追いつき、二ャーッと「若いなぁー、背中が性感帯になった様ですなー」

快適な海岸線を走り、1時ごろ忠海港に到着。2時発のフェリーに乗ることに。バイクを所定の位置において、ここでやっと食事をとる。急ぐあまりお昼抜きで走ってきたので皆お腹ぺこぺこ。港の小さな食堂で各自ラーメン、うどん、おにぎりを注文する。

前の屋台では美人のネエちゃんがいるばかりにウインナーとビール、店のオジさんからおまけの焼きそばをいただいて、パラソルの下でオッさんたちの小さな宴会が始まった。ここからはもうバイクに乗れない(大久野島は島内走行禁止)ので。目的地を前にして、やっと着いた安心感と強い日差しの中で飲むビールは最高!

船は12分で大久野島へ。すぐそばの駐車場にバイクを停めて送迎用のバスで休暇村へ。大久野島はウサギの島。そこかしこにウサギがぴょんぴょん〜と言いたいのですがじーっとしていました。

天気はいいし海はキレイだしロケーションは最高。

 

部屋に荷物を置いて、貸し自転車の受付窓口へ。一周しても4qに満たないという島を自転車で回りたかったのですが、順番待ちで、仕方なく徒歩で毒ガス資料館へ。(大久野島は戦争中、島全体が秘密工場で、毒ガスを製造していたそうですが、戦後処理して整備し平和のための国民休暇村に。島内は車は走行禁止で、自然を大切にウサギも放し飼いしているそうです)

景色はいいし、ここがそんな暗い歴史を持つ場所とは、思われないほどきれいな所です。温泉につかり湯上りビール、そして6時から旬の魚が満載の豪華な夕食。

食べきれないほど。

フロアーに8時に集合し、海ホタルの鑑賞説明会に参加。部屋の証明を落とし弱電気で刺激すると、一瞬にしてグラスの中の海ホタルがボーときれいな幻想的なブルーに変わる。神秘的な色に皆ほぉーっと感心していた。自然は大切ですねー。

二次会の用意をしていましたが、朝が早かったためか、全員静かにぐ〜ぐ〜。

 

 

 

 
       2日目につづく広島ツーリングレポート

5月4日

レポート:オッサン