5/3〜5日     はれ
           
  GW 広島ツーリングレポート 

               * 画像はクリックすると大きく表示されます

2005/5/3〜5/5 参加者 9名

日 またまた快晴 6時から朝風呂に、サイコー!7時半からバイキングの朝食、ワイワイ食べ過ぎ。8時過ぎには船着場へ。10時の乗船予定が9時のフェリーに乗ることが出来た。快適海岸線を三原まで。フェリー乗り場の喫茶店「カネショー」で、清原嬢とアイスコーヒーでサヨナラ会。
「元気でがんばれょー」

 

一路今夜の宿、吾妻山国民休暇村に向けて出発。比婆山の近くなので比婆ゴン(比婆山に出たといわれる怪獣、類人猿?)に会えるかも〜。

われらは、ババゴン、ジジゴンのツーリングクラブ。県道55号からR184(出雲街道)途中三次方面は所々渋滞、でもバイクはスイスイ。甲山でR432に入り庄原方面へ。途中の上下駅でトイレ休憩。

 

昨日の夕食で食べきれなかった鯛ご飯で作ったおにぎりをぱくつく。(さすが主婦集団、もったいないオバケが出る〜などと言いながらせっせと明日のお弁当作り)少し行くと小さな道の駅、小休止、人はよく混んでいたがアイスクリームはうまかった。庄原市内で昼食をとろうと街中をウロウロしたが、食堂がない開いてる店もない。エエイ、途中でうどんかソバでもと思い走り出したが、店屋がない。

道はきれいだし景色も最高で快適・快走。車もほとんど行き交うことがなく自分たちだけのための道のようだ。バイクだけ途中で満腹にした。比和町までひた走る。写真の様な風景。比和町森脇で右折し休暇村方向へ。しばらく快走するがいきなり登山道の様な道へ迷い込む。行けるのかぁ?まさかこんな先にあるのかぁ?

急坂にブラインドカーブの連続。このまま天にものぼっていきそうな気分になるが、時々やってくる車で現実に戻してくれる。やっとの思いで吾妻山の山頂に近い休暇村へ到着。付近は県民の森とかで自然いっぱいの高原で、足に自信のありそうな人達がたくさんハイキングを楽しんでいた。建物の裏は吾妻山山頂までの登山道で、自然芝が広がる高原。ロケーションは最高。

チェックインの3時までに、少し時間があるので各自売店でお土産の買い物。皆がそれぞれウロウロしている間に、山見さんは例のごとく行方不明。皆の心配をよそに一人、吾妻山山頂まで登っていたとの事。さすが健脚。皆、いつもの事ながらエエ加減にセェョー(発信機つけるぞー)
早めの風呂でまたビール、少し昼寝。

6時から夕食。今日は飲むぞー。昨日は海の幸、今夜は山の幸がいっぱいでまたまた食べきれないほど。さすが国民休暇村は料理がすばらしい!とくに吾妻山の品数の多さにはびっくりしました。酒豪 古川嬢は「いいちこ女王」と命名され、名前とは裏腹に「女王水割りで」「女王お湯割りちょうだい」「女王氷もらってきて」とジジババに指図されて、かいがいしく年寄りのお世話をしていました。

一見、大酒を飲みそうなハチマキをした「鬼軍曹」山戸嬢は少しのお酒でギブアップし、結局さと子さんと立花さん、上田さん、十時さんといいちこ女王の飲み会に。太田さんと山見さんはお茶会。わたしオッさんは両刀使い。二次会は女性軍の部屋でワイワイガヤガヤ。ツーリングの楽しみを語り合いました。お開きの後、各部屋に帰り、ピィピィゴゥーゴゥー、例の動物園ですわー。

 

 
       3日目につづく広島ツーリングレポート

5月5日

レポート:オッサン